アリシンとは?

アリシンはにんにくに含まれるアリインという物質が、アリナーゼという酵素によって加水分解され、生成されるイオウ化合物です。あのにんにく特有の刺激臭の素がアリシンです。

アリシンは強い抗菌・抗カビ作用をもつ

アリシンは強い抗菌・抗カビ作用を持っておりサルモネラ菌や病原性のカビ、酵母の生育を抑制するだけではなく、致死効果をもっています。

ただ、アリシンは熟に不安定ですぐに分解されるのですが、分解されて生成されるジアリルジスルフィドやジアリルトリスルフィドなどのイオウ化合物にも強い抗菌作用、抗カビ作用があることが明らかで、赤痢菌や寄生虫駆除、チフス菌、コレラ菌にも有効であることが確認されています。

アリシンは疲労回復にも効果的

慢性的な疲労感を防ぐには、ビタミンB1が必要ですが、ビタミンB1は余分に摂ると排泄されてしまいます。

ところがビタミンB1はアリシンと結合するとアリチアミンという物質に変化して長く血液中にとどまり、疲労に対する作用効率を高めことができます。疲労回復ににんにくがすすめられるのは、にんにくにはビタミンB1もあり、最初からアリチアミンが存在するからです。

生活習慣病予防・改善、抗がんへの期待

にんにくの効能については知られていましたが、近年、抗血栓作用をもつ成分がアホエンというイオウ化合物であることが確認されています。

また、動物実験ではアリインやジアリルスルフィドが血中脂肪の燃焼を盛んにし、コレステロール値の上昇を抑制することが明らかになっています。糖尿病にもイオウ化合物は重要で、特にアリチアミンが膵臓細胞の活性化やインスリンの分泌にはたらくとされます。

さらに、にんにく由来のイオウ化合物には抗酸化作用があり、発がんを抑制すること、また最近問題になっているヘリコバクター・ピロリ菌にも有効であることが報告されています。

アリシンに期待できる効果・効能

  • 殺菌作用により、かぜの予防と改善
  • 疲労回復
  • 血栓の予防・改善
  • 血中脂肪を燃焼させ、コレステロール値を下げる
  • 膵臓を強め、インスリンの分泌をよくする。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます

no image
アリシンの効果・効能まとめ

アリシンはニンニク特有の刺激臭のもとになっている成分で、におい成分は硫

no image
アリシンで集中力アップ

アリシンには血液の凝固を抑制し、血液をサラサラにする働きがあるので、血

no image
ビタミンB1の吸収率を高めるアリシン

ニンニクは健康効果の高い食材と言われていますが、それらの機能は、この独

no image
ニンニクとアリシン

ニンニクの薬効は古来より知られ、強壮剤、健胃剤、高血圧や動脈硬化の薬と

no image
アリシンの効果的な取り方

にんにく、ねぎ、玉ねぎ、にらなどにアリシンは多く含まれているので、食事

→もっと見る

PAGE TOP ↑